コラム

【女性目線】国際結婚でおすすめの国はどこ?反対におすすめしない国は?

最近では、国際結婚もそれほど珍しいものではなくなってきました。気づいている人も多いと思うのですが、日本人女性×外国人男性のカップルを見かけることはあっても、日本人男性×外国人女性のカップルってなかなか遭遇しないんですよね。

”日本人女性”は大和撫子というイメージが根強く、外国人男性から非常に人気があります。国際結婚に憧れている女性も多くいると思いますが、正しい方法で婚活をすれば、外国人男性をゲットすることは不可能ではありません!

ただ、外国人と一口に言っても、もちろん国によって男性の特徴は違い、日本人女性におすすめの国とあまりおすすめしない国があります。

そこで、国際結婚に憧れている日本人女性のために、結婚するならここの男性がおすすめ!という国を、詳しくご紹介します!あくまでも、”こういった人が多い”という統計データなので、全ての人に当てはまる訳ではないことを、ご了承ください。

【日本人女性向け】国際結婚におすすめ国

イギリス

超レディーファーストなので、何歳になっても女性扱いされたい、という人にはイギリス人を強くおすすめします。国民性としては、愛情表現が非常に豊かで、意外とハッキリ断ることが苦手。

「相手を不快にさせたくない」という思考の人が多いので、喧嘩も少なく、夫婦円満なカップルが多い傾向にあります。

また、ジョーク好きな人も多いので、笑いの絶えない結婚生活を送ることができるでしょう。

アメリカ

アメリカは移民の国なので、人種や宗教に寛容。アジア人だからといって差別されることもないですし、国際結婚に対しても全く偏見がありません。

アメリカ人の中でも特におすすめなのが、ハワイに住んでいる外国人男性。アメリカ本土よりも距離的に近いですし、日本人が多く住んでいる土地なので、英語にそれほど自信がない人でも、生活には困りません。また、将来的にハワイに移住することになっても、日本人コミニュティがあるので安心。

実際にアメリカ人と結婚する人は多く、日本人女性が実際に結婚した男性の相手国の第2位にランクインしています。アメリカ人夫との結婚生活についてのブログもたくさんネット上に上がっているので、覗いてみるといいですよ。

ドイツ

「ドイツと日本は国民性が似ている」という話を、これまで耳にしたことはありませんか?

  • 真面目に働く
  • 長期的スパンで考える
  • 心配性で慎重
  • 時間を守る

など、似ていると言われる理由はいくつかあります。国民性が多少なりとも似ていれば、理解しあえることも多いはず。日本人に比べて意見をハッキリ言う人が多いですが、平和に長く付き合っていける夫婦が多いです。

イタリア

イタリア人と聞いてまずイメージするのは、その凄まじい愛情表現。付き合っているときはもちろん、結婚後も変わらず深い愛で包み込んでくれます。

イタリアに旅行したことがある人は知っていると思うのですが、街を歩けば若い人からお年を召した方まで、女性に猛烈なアピールをしてきます。初対面かどうかは関係なく、タイプの女性がいたら、口説きまくるんですよね。

クサイ言葉も日常的に投げかけてくれるので、そういったのが好きな人にはたまらないでしょう。

ちなみに、イタリアは北と南で性格が大きく違うと言われていて、言うなれば北はどこか気取っている関東人っぽく、南はおしゃべり好きでフレンドリーな関西人っぽいそう。イタリア人と知り合う機会があったら、どの地方出身なのか聞いて見るといいですよ。

【日本人女性向け】国際結婚におすすめしない国

この章では、国際結婚におすすめしない国を、国際結婚の離婚率のデータを元に紹介していきます。

離婚率はあくまでも傾向の1つなので、気にしすぎる必要はありませんが、頭の片隅に入れておく価値はありますよ。

韓国

日本人女性×韓国人男性のカップルの離婚率は、全体的に見ても高め。日本の根強いK-POP文化の影響で、韓国人男性に憧れる日本人女性も多いのですが、理想と現実には差があるようです。

お隣の国なので、さほど文化の違いがないようにも感じますが、韓国と日本は全く別の国。

韓国人は家族をとても大事にする文化があるので、結婚後に親戚付き合いで苦労する人が多い傾向にあります。ズカズカとプライベートに踏み込んでくる親戚も多く、そのストレスから夫婦仲が悪くなることも。

また、子供の教育にお金をかける国でもあるので、”子供の育て方”については結婚前にしっかりと話し合っておく必要があります。

ちなみに、日本人女性が結婚した男性の相手国の割合が一番多いのは、韓国。結婚するカップルが多い分、離婚も多いんですよね。

フィリピン

フィリピン人と国際結婚した場合の離婚率も、非常に高いです。これは、日本人男性×フィリピン人女性の離婚率が含まれている影響もあります。(日本に出稼ぎにきているフィリピン人女性は、お金を持っている日本人男性と結婚したい人が多い)

もしも、日本で出会ったフィリピン人であれば、必ずと言っていいほど”出稼ぎ目的”。結婚をすることになっても、本国にいる家族に毎月仕送りをするのは当たり前です。そこの部分を女性側が割り切れるかどうか、がとても重要。

国際結婚が円満にいく3つのコツ

結婚前に同棲をする

お互いに結婚を意識しだしたら、まずは同棲から始めることをおすすめします。結婚前の同棲には、賛否両論がありますが、国際結婚の場合は、日本人同士の結婚と訳が違います。

文化の違いは、想像以上にストレスになる場合が多く、結婚後に「こんなはずじゃなかった……」となるケースが後を立ちません。

デートだけでは知ることができない、それぞれの生活習慣。日本人にとっては当たり前のことでも、相手にとっては当たり前ではないことはたくさんあります。

移住食を共にすることで、その後の結婚生活をより具体的にイメージすることができますし、事前に価値観の共有ができます。同棲をするかしないかで、離婚率は大きく変わるでしょう。

文化の違いを楽しむ

国際結婚で何よりも大事なことは、文化の違いをお互いに楽しむ、ということ。

 

なんで○○してくれないの!?
日本だったらありえないんですけど…

 

そんな状況に直面するのは、日常茶飯事です。そんな時に、

「そんな考え方があるんだ〜」
「文化の違いっておもしろいなぁ」

と捉えられるかどうかが重要。なんでも楽しむように心がければ、怒る頻度はグッと減ります。生まれた場所も育ってきた環境も違うので、考え方が違うのは当たり前なんです。

イベント事は相手の国を尊重する

例えば、日本のお正月は家族でゆっくりと過ごす日ですよね。ですが、ここまでお正月に重きを置いているのは、日本くらい。もちろんどこの国も年越しは祝いますが、カウントダウンをして終わり、といったパターンが多いです。

もし、国際結婚した相手が、お正月という日本人にとってビックイベントに参加してくれなかったらどうでしょう。きっと、不快な気持ちになる人が多いですよね。

反対に、日本以外の多くの国では、クリスマスは家族や親戚で祝う大事な日。

相手の国が大切にしているイベントをきちんと尊重し、2人で楽しもうとする姿勢が大切です。

国際結婚をしたいなら無料のマッチングアプリがおすすめ!

マッチングアプリは、「日本人女性と出会いたい」と思っている人が登録しているので、真面目な人を見つけられる可能性が非常に高いです。

色々なマッチングアプリがあるのですが、海外からきたマッチ・ドットコムというアプリは、登録者数がなんと約1500万人!日本人の登録者数は約250万人なので、約1250万人の外国人が登録していることになります。

マッチ・ドットコムをおすすめする理由はたくさんあるのですが、主に以下のような点が挙げられます。

  • 外国人登録者数が圧倒的に多い
  • 日本語にも対応
  • 25ヵ国、8言語でサービス提供
  • 公的証明書による年齢確認が必須

 

日本では、TinderやPairsが広く知られていますが、海外では、このマッチ・ドットコムがマッチングアプリの代表格なんです。

「マッチングアプリはありすぎてどこを選んでいいか分からない」という人は、とりあえずマッチ・ドットコムに登録しておけば間違いなし♪

Match Japan 世界最大級の恋愛・結婚マッチングアプ

Match Japan 世界最大級の恋愛・結婚マッチングアプリ

Match Group, LLC無料posted withアプリーチ

国際結婚にはおすすめの国とおすすめしない国がある!

好きになったらしょうがないですが、日本人女性と相性のいい国はあります。あくまでも一般的な見解なので、全てのカップルに今回の例が当てはまる訳ではありません。

一番大事なのは、結婚前に、文化や国民性の違いを楽しめる自信があるかどうか。国際結婚は、日本人同士の結婚よりも、どうしてもハードルが高くなってしまうので、それなりの覚悟は必要です。

様々な困難を2人で乗り越えていく自信があるのなら、相手がどこの国出身であるかは気にせず、突き進んでいってくださいね!